2017年8月20日日曜日

さわやか鉄道乗車会が開催されました

 8月19日(土)柏の葉公園内の県民プラザでアゴラ(吹き抜けホール)全域を使用して
「さわやか鉄道乗車会」が開催されました。
夏休みの中間点を折り返したばかりなのにたくさんのご家族にご来場頂きありがとう
ございました。
この鉄道乗車会は1周60mのレールを敷き、乗用トーマス(電池駆動)に客車を連結する乗車会です。
受付で整理券を受け取った子供さんは順番に乗車(大人も乗れます)し、出発進行!
行列のできる乗車会となり81名の子供さんが乗車されました。







線路は続くよ、どこまでも!
このトーマスの速度は大人のウオーキング並みの速さ(減速ノッチ付き)ですので曲線部では振り落とされないように安全運転でお願いします。

 車体に取り付けたビデオカメラが進行方向
の映像をアゴラ正面の大型画面に映し出されますのでみんなで楽しめました。
トーマス鉄道の隣でプラレールコーナーを設け、赤外線リモコンで走らせました。
駅のプラットホームでうまく停車できるかな・・・・・
お父さんも真剣に操作されていました。
このコーナーで89名の子供さんに遊んでいただきました。

次回は12月下旬に開催予定です。

2017年8月6日日曜日

夏休み親子工作教室を開催しました

8月5日(土)クリーンセンターリサイクルプラザ館において、夏休み親子工作教室を開催しました。

今回は風船ジェットカーの作成です
37家族からの申し込みがあり、抽選で18組の家族が選ばれ25名の子どもたちが参加しました。
ダンボール紙や竹ひごなどのご家庭にある材料を使っての車作りです。
講師は長谷川ドクター 鉄道模型では数々の雑誌で紹介されています

助手の斎藤ドクターはラジコンの専門医です
風船ジェトカーの試作品を何度も作成したベテランです

使い慣れないカッターを片手に真剣に取り組む子どもたちの姿がみられました。
ダンボールに貼られた図面の通りにカッターで切り抜き、ジェットカーの形にボンドで貼り付けてゆきます。
タイヤを取り付け、ストローを通して先端に風船を取り付けます。











風船をいっぱいにふくらませて走らせます。さあ、うまく走るかな?

上手く走らなかった風船ジェットカーもあったけど、車輪の回転抵抗をなくし、
空気漏れを防げば必ず良く走るようになります。おうちに帰っていろいろと試してみてね

来年はもっと多くの子どもたちが参加できるよう流山おもちゃ病院のド クターたちも考えます。 楽しみにして待っていてください。 (ISO)