2017年3月27日月曜日

流山市より「ふるさとづくり功労者表彰」で表彰されました

流山市より明るい地域社会の創造に大きく貢献した個人や団体として「ふるさとづくり功労者表彰」に流山おもちゃ病院は表彰され3月24日(金)受賞の栄に輝きました。
その時の様子が流山市のホームページに掲載されました(S.T)

2017年3月16日木曜日

南流山福祉会館の会場を紹介します




昨日までのぐずついた天気は何処えやら、今日は抜けるような青空がひらけていました。

ここ南流山福祉会館では、毎月第3木曜日午前中、「流山保育ボランティア ひだまり」とコラボしておもちゃ病院を開院してきましたが、残念ながらひだまりみなさんとは今回が最後となりました。
本当に長い間お世話になりました。
慣れ親しんだ、お母さんやお子さんが沢山いました。 ”ありがとうございました。”
次回から、別の団体の皆様が応援します。


今日のおもちゃ病院 診療は10件と少なく、
治療時間の多い患者さんばかりでした。
心を込めて、丁寧な治療を心がけてきました
が、さらに、「お子様のものを大切にする心を
育む」モットーを進めてまいります。
これからもご支援をお願いいたします。

(SHOUJI)


2017年3月9日木曜日

初石公民館のおもちゃ病院を紹介します

 初石公民館では毎月第1火曜日に開院しています。第1、第3火曜日に開催される「親子サロン」に合わせた開院です。親子サロンに来た時におもちゃを預け、帰りに治療が完了したおもちゃを持って帰れます。
 開院直後はおもちゃドクターは暇を持て余し、和やかに会話しています。ここでの会話は、趣味の話、孫の話、病気の話などなど、まるで日向ぼっこをしているおじいちゃんたちの会話のようです。

しばらくするとたくさんの患者さんが押しかけ忙しくなりました。ドクターも真剣なまなざしで治療にあたっています。今日は14件の患者さんがあり、その日の開院時間に治らず入院した患者さんが2件ありました。




完治したおもちゃの一部の写真です。引き取られて、お子さんまたはお孫さんの手に届けられるのを待っています。お預りしたおもちゃの96%は治ります。IC不良や、交換部品が無かったり、代替え部品が作れないような場合は修理不能となります。でもそれはわずか4%未満です。
壊れたおもちゃ はありませんか!! 無料(部品を購入しなければならないような場合は事前にご相談の上実費をいただきます。)で治します、たくさんのおもちゃをお待ちしています。(ISO)

2017年3月4日土曜日

さわやかちば県民プラザにて開院しました



県民プラザ開院会場を紹介します。

春うらら、ここ柏の葉公園ではすでに河津桜や寒緋桜などが5分咲きの様子。
週を追うごとに訪問客が増えています。

本日は、ラジコン2点・クレーンゲームや知育おもちゃ・壁掛けオルゴール付き縫いぐるみなどを治療いたしました。
ご近所にお住いの、Tさん親子(右写真)もその治療にはご満足をいただきました。

次回は、4月8日(土)午前9時~11時半を予定しておりますので、どなたもお気軽にお越しください。
この時期は、ソメイヨシノ桜が満開と予想しますが、外れたら ”ごめんなさい”。 (H/K)